ふにゃふにゃフィロソフィー

真の父親とは、男とは何かを考えるブログです。

雑記 ネタ

ポンコツが好きなのです

鬼滅の刃がどーのこーのと言われてますが、 私のいわゆる「マンガ」の見方について思うことがあったので書きます。 もちろん、マスクの呼吸で。 主人公が最初から有能なものは嫌い 主人公がとんでもない能力を持っている。 実は主人公がとんでもない家系の血…

厄災はやっぱり訪れた

ついに私の業界にもコロコロウィルスの影響が出始めたと思い始めた年末のある日。 私はミソのついた健康診断の結果を手に病院に訪れていた。 どーせヒマになるからと軽い気持ちでのぞんだ私はこのとき、 自分が「厄年」であることをすっかり忘れていたのだっ…

ある会場での出来事

これはある会場で行われた催しの中でのやりとりを記録したものである。 ー2020年、得点王の発表です! 場内暗転… ー日照ノ秋人さんです!壇上へどうぞ! 日照ノ秋人(以下、日照)「え?」 ーコメントをどうぞ! 日照「え…ああ、今年はハイプレスからのカウ…

これも他でやれ

私は「悪魔のよろい」と名付けられたモンスターだ。 この世界のある1部分の地域にしか存在しない、 人間界の奴らからは「レアモンスター」などと呼ばれている存在だ。 姿は頭からつま先までいかにも「西洋のよろい」といった感じで、 どの辺が「悪魔」なのか…

いろんなことがわかっちゃったね

約一年、未知なるウィルスさんにキリキリ舞いで蝶々サンバな我々人類。 様々なデータを見てみると、 いろんなことがわかっちゃったね。 インフルエンザ 毎年毎年、猛威のウィルスといえばインフルエンザ。 最近は影が薄いよなぁと思っていたら、 今年はイン…

SNS上の肩書き

ひとさまのブログの過去記事を読み荒らしているのは私です。 みなさん、荒らしていますか? 日照ノ秋人です。 この名前、怖いでしょうか。 どこかのショボい神様みたいな名前を狙ったのですが、 どこかのショボい邪神っぽいのでしょうかね。 SNSに存在する自…

理屈で考えたくねぇなぁ

情報を拾いたがる現代人を傍から見ていると、 自分も少なからずそうであるくせに、 ヤダなぁ~ なんてなぜ思うのだろうか。 ながらスマホに苛立っては、 なにをそんなに調べる必要があるんだい? と、ほぼ毎日思っているここのおじさん約一匹は、 理屈や理論…

隊長を労う

指令に従ってある日ある時刻に同じテーマで綴られるゲリラ的ブログ、「ゲリラブ隊」。 隊長である森淳さん(id:suna0hi) が隊員の方々の記事を振り返っておりましたが、 隊長の記事をとりあげないわけにはいかないと思った私は、 センエツ(漢字がワカラナイ…

いのちだいじに

男Aと女Aの計らいにより、 男と女、4人ずつが集結していた。 そう、これは合コンである。 イケメンの男Aは顔が広く、 美女である女Aをなんとかたらしこんでセッティングしたとのこと。 男B、男C、そして私の3人は、ヒョーロク玉のごとくその場に参上し…

美容院は道場だ

私が結婚した頃、自分で髪の毛を切っていました。 美容師ではなくシロートの私が、です。 よくもまぁこんなガサツな男と結婚したなと奥方には感心するのですが、 この時点では 肩書=コスメティックルネッサンサー とはとても言えないモサ男でしたね。 若い…

それはただの、わがまま。

ひとには先なんか見えないし、読めない。 今、キー坊をカタカタしている私の頭へ5分後に隕石が直撃して永遠のお別れをするかもしれないだなんて、誰もわからないのだ。 見えないから不安だ。 でも見えそうなものなら対策は出来る。 だから我々は状況と今ある…

正直者の泉とすれちがい女神

きこりは、木に噛みつかれてハマったオノに苦戦していた。 ようやく食い込んだ切り口からオノを引き抜いた時、 勢い余って背後の泉にオノを落としてしまった。 ややっ、オノを落としてしまったぞ。 ふだん、「ややっ」なあんて言った事ないのに、 こんな人の…

ボアダムスの夏

中学生の頃、おこづかいがあればCDを買っていた。 今では「CD」なるものが時代モノになりつつあり若人(Wakoudo)には信じられないかもしれないが、 当時はCDで音楽を聴くということが娯楽であり、カジュアルでもあった。 さてさて 音楽、聴いています…

妻のどうぶつの森における野望が明らかになった

「奥方」こと私の妻は「どうぶつの森」が好きすぎてヒジョーにキモチワルイ、ということは以前書かせていただきました。 hiderino-akihito.hatenablog.com あつまれどうぶつの森を手に入れた どうぶつの森マスターこと我が奥方は 同梱版の抽選に華麗に当選し…

ベストフレンド

心が動くのは嫌だと思ってた。 自分は自分の為だし、 誰かに揺さぶられるのは なんだか汚らしい気もした。 夏の盛り。 面倒な感情は高い空にでも 放り投げたくて、 無気力な顏をしながら、汗を拭いた。 人付き合いくらい一旦はなおざりにしたい、 だって夏な…

創作物創作者の苦悩

今から20年程前に私はホームページを開設(開設ってのが古めかしい)してました。 当時はADSLがどーだか、FTPがどーだか言って、 よくもまぁあんなに面倒な事やってたなと思うのです。 主に当時バンド活動していた私の宣伝用HPだったわけですが、 オマケとし…

自分の本性を知って泣いた

時計は午前二時だった。 何故か号泣していた。 悲しい気分だったし、 謝りたい気分だった。 思考の洪水。 畜生、眠れやしない。 10年ほど前、我が子がマイコプラズマ肺炎の疑いとドクターに言われ、 急遽入院することになった。 奥方は病院に寝泊りの「つき…

息つぎで音楽を見る

90年代、懐かしのミュージック。 そんな番組に、私が中学生の頃に人気があったロックバンドなどが出ておりました。 結成何十年とか、再結成とかで今では見る影もない彼らが当時の唄をうたっている。 ミョーになつかしさが無いのは、 歌い方を崩してしまって…

時をかけるおじさん

みなさんは「タイム・リープ」というものをご存知だろうか。 「タイム・スリップ」とは違う、 ましてや「タイム★スリップ」とも違うようなのだ。 タイム・リープとは 時をかける少女(著 筒井康隆)で登場した造語 自我、自意識を保ちながら時間軸を瞬時に移…

嬉しいじゃないですか

ブロガーバトンを書いてパスをするだなんて、 私は初体験だったのですよ。 初見だったら真面目に書いてたかもしれませんが、 私がバトンを受け取るまでに渡ってきたひとのを見ると、 実に面白おかしく書いていらっしゃる。 ああ、このテイストでいいんだ。 …

ブロガーバトンが来ましたのでね

最近、私のまわりのブロガー諸君があわただしいのですよ。 ラジオやらリライト企画やら。 で、今度はなんだろうなって思ってたら「ブロガーバトン」ですよ。 www.desunenote.com じゃあまずって、筆頭ですか(笑) ヒヤパさんという方から巡ってきたひな形がコ…

頑張らないのは頑張った証なのだ

アドセンス合格しました! 初収入を得ました! 応援ありがとうございます! ああ、ほほえましいね。 ブログ運営頑張ったのだね。 そして、祝福のメッセージに返信された言葉。 「一緒に頑張りましょう!」 ワタシ、コレ、ワカラナイネ。 一緒に 一緒に頑張ろ…

ネット社会とヒデリンゲロゲロ

みなさん、いい歳こいてますか? ヒデリン・・・いや日照ノ秋人です。 以前書きましたが、最近Sさんという方主催のラジオ番組に登場させていただいてます。 その「好きブロ」という番組は、 自分の読んでほしい記事を紹介してもらった挙句、 ナイスな名前ま…

発見ジョン・レノン

探偵の私は、 とあるターゲットを追っていた。 あれじゃないか? あれは、ひょっとして・・・ ジョン・レノン。 尾行開始 ジョン・レノンとおぼしき男性を尾行。 果たしてどこへ行くのか。 私は、私にしかできない距離感で、 一瞬も見失うことなく尾行した。…

ソーシャルディスタンスが近いぜよ

スゥーパーマァーケッツでは、 レジに並ぶときに密集しないように一定の間隔で区切られている。 ソーシャルディスタンスにご協力ください。 そんなお店のお願いに全力で協力するひとがたくさんいて、 ほっこりしますね。 近いぜよ エヘヘ、今日は久しぶりの…

人生ゲーム令和版で遊んでみました

その箱には、キッパリと書かれている。 「従来の人生ゲームとは違う」と。 そう、人生ゲーム令和版は今までの「人生」とは大きく違う。違いすぎる。 それは違った角度から見れば、今までの人生ゲームを遊んだことが無いひとにも楽しめるということだ。 この…

こんなときは空想旅行

都道府県で訪れたことのないところを洗ってみた。 長崎、高知、山口、島根、鳥取、和歌山・・・ あら、全部西の方。 しかも「訪れた」というのは仕事も含むわけで、 いや、仕事がほとんどではあります。 いつか旅行に行けるようになったら行きたいねぇ・・・…

自分はついに枯渇してしまったのか

コロナだか知らないが得体のしれないもののせいで 子供たちは学校に行けず、大人たちは働けず、 ミョーに冷たいマスク2枚が届けられ、 医療関係者は戦々恐々し、もうワケがわかりませんね。 そーなると、ブログなんか読んじゃう機会が増えそうなワケで、 私…

トーキョーはあきらめてしまったのか

感染したらしたでしょうがないじゃない? 華の都、大トーキョーのお客様が言う。 だからさ、定例会議来てよね。 え? 悟りをひらくトーキョー ここまで感染拡大してしまうと、 オリンピックどころではありませんよね。 でも最近のトーキョー界隈の人々って既…

エイプリルフールはデマかユーモアか

お題「エイプリルフールに嘘をつく?つかない?」 今年は新緑と初々しい人達が運ぶさわやかな風が少々重い。 ああ、こんなはずじゃなかったのに・・・ の嘆きがきっとこんなふうにさせるのでしょうね。 ひるがえって自分はどうかと自問すれば、 いつもと同じ…